2005年04月26日

脱線

大学の同期の結婚式に出た。
SEでない人がたったの4,5名しかいないという偏りぶり。
しかし中には数学科を経て農家を目指す人もいて、そういう人はどこかビジョンが違う。
農家こそ最強なのでは???


posted by れお at 07:17| Comment(28) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

南イタリア

ローマ
ACローマの主題歌を歌っている歌手のライブを見た。
打ち込みなどの機材がなく一昔の生演奏ロック風で良かった。2万人くらいの大盛況。
朗々と歌い上げるイタリア人の能天気な明るさには、たまに着いていけない。
ロンドンのように雨が降って陰湿な方が日本人の感性には近いと思う。
ローマの食事は大体マズいと思った。

ナポリ
どういう訳か、この街が一番レコード屋が充実している。
カブール通りにロック系はじめ大量にプログレの在庫が揃っていて、誰がターゲットなのか気になる。
ローマ・ミラノよりは遥かに揃っているので、寄った方はチェック(結局は日本人目当て?)
しかし、商品の出入りはあまり頻繁ではないようだ。
ジェントルジャイアントの2枚組CDの値札を見ると【48,000】!!!という破格の値段がついていた。その当時で672万円!!!
海賊版といえあり得ない。
店員に聞いてみたところ、値札の通貨が通貨ユーロ統一前のリラのままだったらしい・・・。数千円だったので買って帰った。
しかし、いつから売れてないんだ・・・。さすがプログレ。

ちなみにナポリの建物は素晴らしかったけれど、人々はというと、バイクが道に溢れ返っていて自転車のような速度で進みながら絶えずクラクションを鳴らしていたり、道でたき火をしている人までいたり、なんとも物騒だった。とてもオザンナなどのナイーブなプログレ・バンドが出てくる街には見えなかった。
ただし食事は良かった。

シチリア島
島の一大イベントなのか?と思うくらいに、ジョー・ザビヌルの写真付きライブ広告がとにかく大きかったし、多かった。
自己リーダー・バンドを「ザビヌル・シンジゲート」と名乗るくらいだからマフィアに優遇されているのだろうか。
パレルモで現地の人のジャズライブを見た。こんな所でうますぎだと思った。でもジミヘンとかソフトマシーンとか、何かと音楽的にも歴史のある島だもんな。食事は魚が新鮮でおいしかった。
posted by れお at 23:15| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

ロンドンパワータウン

ロンドンではクラシック3つとジャズ1つ見た

ジャズinロンドン
PizzaExpressJazzClubというお店にて、知らない人の演奏を一つ見た。
各自達者な奏者だったものの抑えている感は否めず。
日本よりはシーンとして元気だけれど、なんとなく似ていた。
店にあったインフォを見ると、
ポール・カーマイケル(b、ホールズワースiou)やロイ・バビントン(b、ソフトマシーン)などの名を見つけてなんだか嬉しくなった。
プログレ界の有名どころは見事に外してしまった。
滞在前後にゲイリーハズバンドやコロシアムがロニースコッツでやっていたのに。残念。

クラシックinロンドン
・St.John’s,SmithSquareでの管弦室内楽(メシアンなど)
・教会でのピアノサックスデュオ
・ロンドンフィル(Royal Festival Hall)

こちらのクラシックは歴史も違い、やる場所が多く昼間からでも聴きに来る人が多い。生活に近いところに音楽があるのだなぁと思った。
さすがにメシアンは難解で寝ながら聞いている人もいたが、
この手の前衛も真面目に自由に遠慮することなくやれる環境があった。
ジャズの方が表現として不自由そうだった。
ついでにどうも鑑賞というより各奏者の音程を聞き分ける変な癖がついてしまった。

ピアノサックスデュオは教会にも関わらず、ピアノを叩いたりフィル.ウッズをやったり。素晴らしかったのでドネイションを多めに払っておいた。ちなみに自分も大抵のライブで一度は寝てしまった。
ちなみにロンドンの建物の模様などは大陸ヨーロッパに比べると実にシンプルで見劣りした。
posted by れお at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月22日

北イタリア

旅行中、一応ヨーロッパにまだプログレが存在しているのかくらいは見ておきたかった。
結論として言えば、やっぱり「ほとんど無かった」。
それでも良質のコンサートやレコードショップが意外なところにあったのでレポートしておきたい。

北イタリア編
残念ながらアルティ・エ・メスティエエリのトリノ公演と日程合わず。
ミラノはアレアの面影のない街だった。とりあえあずレコード屋にはアレア物が少しある程度。
どちらかというと音楽的にはオフシーズンでもともと期待していなかったので、ミラノでチャンピオンズリーグなんぞをちゃっかり見てヴェネツィア〜フィレンツェ〜ジェノヴァなどの都市を一人でグルグル回った。期待しながらロンドンへ。果たして音楽の都なのか・・・。
posted by れお at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

ナノ国ヘ帰国

イタリヤ(及びロンドン)に行ってきた。
特に音楽目的ではなかったものの、7つもコンサートを見たので、その内ちょくちょく紹介しようと思う。
翌日は時差ぼけのままメロディールームのイベントへ参加。
急遽歌の伴奏もあり面白い企画だった。企画は他人に任せた方がよいとつくづく思った。
posted by れお at 06:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

それいけアンパンマン

左頬も腫れて、なんとオタフクでした。
子供の遊び場にて仕入れた模様。

ライブ後にY北君が
「とりあえず腫れが治ると良いね」
とばかり言うのが不思議だった。
鏡を見るとやや納得。これは自分じゃない。

帰宅すると両頬が腫れて痛み、頬が腫れると痛いというのは分かった。
オタフクなんて痛くないと言われて不快に思った方にこの場を借りて謝罪しよう。(去年の9月頃)

なので、これから頬が腫れた人を見たら
「かわいそうですね、早く腫れが治ると良いですね」
と言えることだろう。
それまでササクレ以外に痛いことなんて無いと思っていた。
この調子で行けば今年中に人間合格間違いなしだ。
posted by れお at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月05日

打ち合わせ

今日はみると君とのケーブルテレビ収録の打ち合わせに。
悠長にランチを食べて後で走る3人。あまり変わらない。

ところで右の頬が腫れてきた。
posted by れお at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

子供の遊び場にて

昨日は3〜4歳児が遊ぶ為の施設でイベントミニコンサートをしてきました。ヘッドマイクを付けて岩山から登場したり、珍しい役だったのですが、アニメソングを大量に弾いてきました。
譜面がなくともアニメソングをたくさん弾けることに気づいた日でした。 相変わらず子供の遊びは面白いなあ。
posted by れお at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

謹賀新年

今年は1年間、目標を忘れない事を目標にしたい。
毎年必ず途中で忘れるので。
しかし肝心な目標の内容が決まっておりません。

もう去年のこともよく覚えていませんが、
こんなことがあったかと思います。
・ユーロサッカーギリシャ優勝
・ジャズライフに初?ホールズワース特集

今年はどんなことがあるのでしょうか。良いお年を!
posted by れお at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月27日

パシフィコオーディション

melodyroomの弥生さんに教えてもらったパシフィコ新人ジャズオーディションにに参加した。新人・ジャズかはさておき。

〆キリの1月以上前にデモを応募し、思い出した頃にデモの合格通知がきたので本選に行ってきました。

どうせ本選の参加者も数人で、ホテルの人が条件の合う人から適当に決めるのかと思っていた。

しかし行ってみると、
審査員だけでも8人もいて、中にはつのだ☆ひろやFM横浜のプロデューサーまでいて、どうも来る場所を間違ってしまったようだ。

前の参加者に色々と厳しい指摘をしている。
服装まで言及され、ホテル演奏という事でスーツを着てきて良かった。
先日のような、奇怪で変態な演奏をしちゃダメなことくらいは分かった。
極力まともな人を装い、まともな演奏を心がけた。
きれいに弾いて審査員を騙しきろうとする。

途中で演奏を切られブギウギをさせられた後に質問を浴びる。
「普段はどこでやっていますか?」-「キャバクラとかです」
「バンドではどんなのやるの?」-「プログレですね」
危ない・・・と不安がよぎる。
しばらくつのだ氏との意味不明な問答(いや回答)が続く

のど自慢TVに出演した花輪くん(ちびまるこちゃん)の気持ちがよく分かった。
やめてくれ〜ロカビリーと酢豚は関係無いんだ〜〜〜 ←6巻あたり参照

たくさん酢豚な回答をして去った。
なぜか受かった。
という事で来年あたりから毎週パシフィコで演奏することになりました。
posted by れお at 06:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。